シンプル子育てのリアル

「がんばってなくても大好きだよ」毎朝3:45時起きで配信。小学校教諭13年間、リトミックや子育て講座のサークル赤ちゃん集会!代表、習志野市民団体ならしのママキャリア代表。3児の母。サンキュ!STYLEライター。

コロナかもしれない…と思ったときに大事なこと

朝のラジオ体操で

「今日は体の側面が筋肉痛だなー」

「最近なにかしたっけ?」

 

夕方のお風呂

「ママ、今日は筋肉痛がひどいから、ゆっくり湯船に浸かるわー」

 

子どもたち3人とお風呂に入る。

 

お風呂上がった頃に旦那が帰ってくる。

「なんか筋肉痛がひどいの。

あれ?というか頭も痛い気がする」

 

熱38.5

 

私「あ、ごめん、熱だわ」

夫「どこに出歩いたの?」

私「コンビニと公園しか行ってないよ!」

 

グッタリ…なにも食べられず

 

(コロナだとしたら4日後に病院だよね…)

 

子どもたちは楽しそうにパパに話を聞いてもらう

 

5歳「あのね!ロシアに隕石が落ちたんだよ!」

↑DVD「星と星座」の内容を伝えている

f:id:ikenagayoshie:20200308070403j:image

 

翌朝

 

グッタリ…39.2

 

私「うわぁ」

夫「病院連れて行こうか。午前中なら開いているし」

私「いや、まだ熱が出て時間も経ってないのでいかない」

 

みかんを7歳からもらう。

 

こういうとき病気の7歳に優しくしておいて良かったと思う。

また優しくしよう…。

 

みかんとみかんの缶詰めを食べる。

 

子どもたちはDVDを見ている。

私も少し見てみる。

私「(科学実験よりも星と星座のDVDの方が面白くて勉強になるな)」

 

38.5。寝ても寝ても高熱キープ。

 

夫「2歳とお風呂入ってきて!」

 

よく考えると、お風呂に入りたくなかったが、

思考力がないため、

言われたまま入ってしまう。

 

湯船に浸かると2歳が寝てしまう。

 

私「だれかー!たすけてー!」

といつも以下の大声で叫ぶが

誰も気付いてくれない。

 

30分くらい経過。

 

ようやくトイレに通りかかった7歳が

気付いてくれる。

 

その頃、2歳も目覚める。

 

私「急いで拭いて着替えるから、2歳の手を持っててくれない?」

 

洋服のままの7歳、湯船の中に立ったままの2歳

手をつないで私の早着替えを待つ。

 

私「お待たせーありがとう!」

 

2歳を拭いて、着替えさせる。

よし完了!

でもまだ38.6。

 

急に

私「うまかっちゃん食べたい」

夫「珍しいね」

 

うまかっちゃんをサッとつくってくれる夫。

 

私「ありがとう。…味、薄くない?」

夫「表記通りにつくったよ」

私「私、塩分を欲してるんだろうね」

 

また寝る。

 

夜中、授乳に起こされたので、

そのついでに熱をはかる

私「なんだか下がっている気がする」

 

37.3!!!やった下がってる!

 

という1日でした。

 

 

私の4日待とうとしたのは正解だったと思います。

横になっているときに調べてみると、

 

・検査コロナだとわかったら軽症でも隔離しなくてはならない

・軽症の人は風邪と同じで数日間で治る

・軽症の人をたくさん入院させると当然ながらベッドが足りなくなる

・重症の人が入院できなくなり命が危なくなる

医療機関も多数の人が来院するとパンクする

 

といったことがわかりました。

 

病院に行くだけで

いろいろな病気にうつってしまう可能性も

あります。

 

しばらく横になって様子を見ることが

本当にベストだと思いました。