シンプル子育てのリアル

よろしくお願いします。

博物館と自然博物館

両方ともとってもとっても壮大で、
歴史を感じる博物館でした。
f:id:ikenagayoshie:20210910103644j:image

f:id:ikenagayoshie:20210910103650j:image



f:id:ikenagayoshie:20210910103646j:image
f:id:ikenagayoshie:20210910103642j:image
f:id:ikenagayoshie:20210910103653j:image
f:id:ikenagayoshie:20210910103648j:image

写真は少なめですが、
子どもと歩き回るのが大変なくらいの広さや
史料の量でした!

文字が読めなくても楽しいくらい、
また行きたい!と思います(╹◡╹)

✳︎こういった公共施設や博物館、美術館は連れて行くたびに、子どもの成長を楽しめるところも大好きです。

生活を楽しむ工夫…お茶淹れ

先日、10年後の自分が思い描けなくて、
1年ごとに1分間のメモ書きをしてみました。

子どもたちが1年ずつ成長していく様子を考えると、
「このあと、1人立ちへのカウントダウンになるんだな、どうしたらいいかな。」という思いが出てきました。

そこで、
「学習だけでなく生活を楽しむ知恵も伝えていきたい!」という思いが出てきたので、
さっそく取り組んでみました。


ちょうど子どもたちが大好きなEテレ
NHK for schoolの「カテイカ」を見ていたので、
「これだ!」と思いました。

 



5年生の最初の調理実習

(ガスコンロを使う練習)


「お茶を淹れる」という学習内容でしたので、
引っ越しの際、いただいたお茶(いいお茶)
を8歳が淹れてくれました。
f:id:ikenagayoshie:20210913223039j:image

番組ではお湯の温度により、
美味しさが異なってくることが紹介されており、
とても見応えのある内容でした。

 

f:id:ikenagayoshie:20210913223020j:image

沸いたお茶を急須にいきなり入れずに、
コップにいれます。

f:id:ikenagayoshie:20210913223135j:image
コップから急須へ入れます。
f:id:ikenagayoshie:20210913223132j:image
待ちます。
f:id:ikenagayoshie:20210913223126j:image
すべて注ぎます。
f:id:ikenagayoshie:20210913223140j:image

f:id:ikenagayoshie:20210913223130j:image
f:id:ikenagayoshie:20210913223137j:image

f:id:ikenagayoshie:20210913223124j:image
注いだよ。
f:id:ikenagayoshie:20210913223122j:image
とってもいい色!美味しくいただきました(╹◡╹)


せっかくの家時間も多めなので、
いろいろと生活を楽しむ工夫を
体験していきたいなと思います。

地下鉄事情

バスは2元(=34円)だと書きましたが、
地下鉄はどうでしょう。
f:id:ikenagayoshie:20210911193730j:image
なんとやはり2〜3元(=34〜60円)でした。
地下鉄は距離に応じて、価格が変わります。
f:id:ikenagayoshie:20210911193727j:image
よく乗って、

いろいろなところに出かけています。
f:id:ikenagayoshie:20210911193725j:image

地下鉄の改札を通る前に
手荷物検査(と言っても簡単なもの。大きな手荷物は飛行機のように機械を通す。小さなバッグは中身を見せる。)

を通ります。

マスクを必ずつけて通ったり、
乗車しなければいけません。

1〜15号線まであり、番号の大きい方の地下鉄はさすがにキレイです。

(ですが、トイレは和式が多い…!!)


鉄の改札近くには、だいたい
小さなコンビニも入っているし、

主要駅になると、2〜3のコンビニが
地下に入っています。

線から線への乗り換えは
地上を歩く場合と、
地下でつながっている場合といろいろあります。

アクセサリーケースを変えてみました

前回アクセサリーケースの記事を書きましたが、
なんだかうるさく感じてきたので、
見えるタイプから、
見えないタイプに変えました。

f:id:ikenagayoshie:20210913220539j:image

箱型です。

 

f:id:ikenagayoshie:20210913220536j:image
閉じるとこんな感じ。シンプルです。
21元(=420円)でした。
f:id:ikenagayoshie:20210913220539j:image
開けるときに
ネックレスたちが斜めになっているので、
「チェーンが絡まるのでは?」と
ヒヤヒヤするけれど
ひっかかりません。
f:id:ikenagayoshie:20210913220534j:image
2段目の方は普段あまり使わないタイプのものを入れています。



見た目にずいぶんとスッキリしました。
また飾りたくなったら飾ります。


以前は

f:id:ikenagayoshie:20210918104240j:image
こんな感じでした

アクセサリーショーケースに憧れて - シンプル子育てのリアル

 

 

 

衣替えの季節に衝動買いしない技。

以前はとってもとっても洋服が多かった私。
ひたすら週末に「買うだけ」で処分することもなかったので、ずっと洋服がたまっていく一方でした。しかし、引っ越しを何度かくり返すうちに、
洋服を少しずつ減らすことができるようになってきました。
f:id:ikenagayoshie:20210918103242j:image
(↑Tシャツからセーター、ボトムス、アウターまでこれで全部です。(寝間着は除く)
引っ越したばかりなのでかなり少なめです。)

そのうち、子どもが3人生まれたので、また洋服の量が3倍に増えてきました。しかも毎年サイズアップしていくので洋服の容量も増えていきます。でも子ども服は可愛い…。毎年スマホの画面や、洋服売り場でついつい見てしまいます。子ども3人のおそろい服を買いたい私は、出費も3倍…!

困った状況に陥った私ですが、最近「洋服を買いすぎない」方法を見つけました。

1 洋服を買いすぎない方法とは?
私にとって「洋服を買いたくなる衝動を抑える1番の方法」は、「次のシーズン前に家にある全ての洋服を出してみる」ことです。
名付けて、「シーズン前に洋服全出し!」です。

私の分も、子どもの分も全部、全部ひっくり返して出します。今回ならば、ダウンまで出してみます。ついでに冬のパジャマまで出します。

そうすると、「あ、この黒いセーターは今年も着られる。スカートと合わせよう。」「あぁ!これならサイズ的に今シーズンまでは着られるな」「このフリースはちょっとくたびれているけれど、子どもたちが大好きだから、部屋着としては着られるな」など私としては掘り出し物(しかも0円)が見つかります。久々に、そして次シーズンの洋服を見ると、ちょっとウキウキします。
f:id:ikenagayoshie:20210918103107j:image

2 次シーズンの洋服にウキウキするための下準備
実は、次のシーズン服にウキウキするために、前回に洋服を片付けるときにはコツがいります。

それは毛玉とり機で毛玉を取り去ってしまい、キレイにした後にしまい込むということです。せっかく久々に取り出した次シーズンの洋服が毛玉だらけだと気分が落ちてしまいます(笑)。

毛玉がキレイに落ちていて、スッキリとなめらかな手ざわりだと「新品みたい!」ととても気分が上がって楽しくなります。しまい込む前のケアもポイント。今回は夏に着たTシャツも毛玉が出来ていたら、ぜひ毛玉取りの機械をかけてみてください。来シーズンに取り出すときにウキウキとうれしい気分になります。

3 最後に…迷う服がある…。
「着られるけど、似合わない…?でももったいない?」と捨てるには迷いがある服は、まず着てみて鏡の前に立つと、あきらめがつきます。リサイクルに持っていくか、切ってウエスにします。
そして、手帳に「肩の下がったデザインの服は、似合わない」「明るいグレーの服は似合わない」とメモで書いておくと、次回の買い物の失敗が減ります。
f:id:ikenagayoshie:20210918103218j:image
今ある洋服を活かしたい方にはぜひ「シーズン前に洋服全出し!」にチャレンジしてもらえるとうれしいです。


f:id:ikenagayoshie:20210917121130j:image
下の袋には寝巻着とマフラー、タイツなどのと冬小物が入っています。
f:id:ikenagayoshie:20210917121132j:image

着ない服はまたリストラしてウエスにしよう…。

朝の0秒思考で思いついた「スキを活かす」技

今回の赤の時期(9/1〜10/22)の間に
「好きなもの、こと」や「好きの重なり」
というワードがいくつか出てきます。

その中で、今回は
「好きなものを活かす」という思いが
0秒思考のメモ書きから出てきました。


リトミック教材のセットを、
引っ越し先にもってきたけれど、
活かせずにいるなぁ…。

でもリトミックを開催する予定はないし…。

そうだ!冷蔵庫の横に貼ってみよう。
でもうざったいかな。
どうかしら、とりあえずはやってみよう。

f:id:ikenagayoshie:20210917115746j:image
中秋節が近いので、「月」という歌のセット
(♪出た出た月がーまるいまるいまんまるい♪)
を貼ってみました。

そうすると、

子どもたちが「可愛い」「かわいいねぇ!」
「お月さまは色画用紙でつくったんでしょう?」など大反響。(ビックリ!)


夫も特に文句を言わないし。
引っ越し荷物に入れたものが活かせてうれしい。

今後も季節のものを
貼っていこうと思います(╹◡╹)

引っ越しでは「好きなものを持っていく!」と
厳選して荷物に入れたので、
まだまだ活かしていきたいものが
たくさんあります(^○^)

謎のフルーツたちを食べてみる

謎のフルーツその1
f:id:ikenagayoshie:20210917115325j:image
小さい、キウイフルーツの大きさ。
f:id:ikenagayoshie:20210917115320j:image
f:id:ikenagayoshie:20210917115323j:image
包丁を入れた瞬間、独特のにおいがする。
f:id:ikenagayoshie:20210917115312j:image
f:id:ikenagayoshie:20210917115316j:image
f:id:ikenagayoshie:20210917115314j:image
f:id:ikenagayoshie:20210917115318j:image
食卓に出すと、6歳に嫌がられる。
ゼリー状。味は酸っぱすぎて食べれない。


謎のフルーツその2(たぶん、ザクロ)
f:id:ikenagayoshie:20210917115516j:image
f:id:ikenagayoshie:20210917115518j:image
あ、切り方を、まちがえた。
f:id:ikenagayoshie:20210917115514j:image
真横に輪切りにしなくてはいけなかった!
f:id:ikenagayoshie:20210917115512j:image
ちっとも写真映えしない
切り方になってしまった上に、
タネが大きくなっていて、食感がとても悪い…。

ブレンダーにかけて、濾して、
ジュースとして飲みました…。