シンプル子育てのリアル

がんばってなくても大好きだよ

北海道のおうち、ありがとう。

最初に来た時と

同じすっからかんの家に

なりました。

 

だけど、心の中に

f:id:ikenagayoshie:20190328150225j:image

毎朝のしたくで、踏み台をつかって

おしぼりつくってた姿とか

f:id:ikenagayoshie:20190328150244j:image

夏は涼しい中、水着を着て

ボックスに水を張って

水遊びしたとか、
f:id:ikenagayoshie:20190328150236j:image

意味もなく、家の中を走り回ったり、
f:id:ikenagayoshie:20190328150240j:image

赤ちゃんが産まれてから、

私たち2人のところに寄ってくるとか

 

第一子と第二子のニコニコばかり

 

思い浮かんで仕方がないのです。

 

 

第三子にとっては

生まれ育った家。

 

寝返りしたり、

サンタ姿で突然歩いてみせたり、

パパが帰ってきたら走ってかけよったり、

 

あんなに第三子の誕生に

戸惑っていたのに、

初めから5人家族のよう。

 

本当にありがとう。

 

きっと子どもたちみんなが

近くにいなくなったら、

 

北海道生活のことばかり

思い出すのかな と思います。

 

 

親戚も誰もいない中、

たくさんの友達、先輩、後輩が

が支えてくれました。

 

 

もう この家に「ただいまー」って

言えないのが淋しいけど、

 

感謝の気持ちでいっぱいです。