シンプル子育てのリアル

「がんばってなくても大好きだよ」毎朝3:45時起きで配信。小学校教諭13年間、リトミックや子育て講座のサークル赤ちゃん集会!代表、習志野市民団体ならしのママキャリア代表。3児の母。サンキュ!STYLEライター。

なぜ形のいい野菜を選ぶのか?

池永 良恵 on Instagram: “野菜の重ね煮と塩豚、鶏ハム、照り焼きチキン、茹で豚。全部火を通しておくことで時短になり、調理時間短縮。非常食になり、防災。かさが減り、冷蔵庫にも小さくたっぷりとおさまります。#野菜の重ね煮 #野菜の重ね煮バリエ”

 

 

家庭菜園をしていると

変わった形の野菜がたくさん収穫できます。

f:id:ikenagayoshie:20200130210437j:image

中身の虫食いもあり。
f:id:ikenagayoshie:20200130210435j:image

虫食いを一生懸命とりのぞく私。

 

 

 

つまり、

形が悪い=時間がかかる

ということです。

 

 

「見た目がキレイだから(^_^)」

と買うわけではなく、

 

「時短だから(^ ^)」という意味で購入する人も

多いだろうなと感じました。

 

 

形が悪くても味は同じ!

と謳っていても、

 

形が悪くて時間がかかる!だと

困るなと感じました💦

 

 

 

野菜の重ね煮を「朝飯前」(文字通り)に

サッとつくることができるようになった私ですが、

 

こういう下処理があると、考えてしまいました。

 

 

きっと考えるところに、

チャンスがあるのだろうな…。