シンプル子育てのリアル

「がんばってなくても大好きだよ」毎朝3:45時起きで配信。小学校教諭13年間、リトミックや子育て講座のサークル赤ちゃん集会!代表、習志野市民団体ならしのママキャリア代表。3児の母。サンキュ!STYLEライター。

プチ不調への対応策〜真冬編〜

真冬は気温の低さのためプチ不調が多い私。

子育てしながらでも、

身体を温める対応策をたくさんとります。

 

①貼るカイロ

 

私は朝一番に、背中側、腰に貼ります。

生理痛の緩和にもなります。

 

 

②首にもカイロ

f:id:ikenagayoshie:20200112110916j:image

首に巻くタイプのカイロは、

2年以上つかっています。

 

北海道生活のときに

お出かけに役立ちました。

 

(−22℃の豊頃町のジュエリーアイスを見にいくときなど大活躍!!)

 

車の中でもじんわりポカポカと、

首や肩の疲れがとれます。

 

旦那は普段から肩こりがない人なのですが、

「肩が少し痛い」というので、

首に巻くカイロを貸してあげると、

 

「1発で治った!」とビックリしていました。

 

(いいなぁ…( ^_^))

 

 

 

 

③白湯を800ml飲む

 

ステンレスの魔法瓶800mlに

たっぷりと前夜に入れておくと、

 

翌朝ボーーーっとしていても、

すぐに飲むことができます😊

 

私は800ml以上を飲むと、

消化器官に良くないみたいですので、

800mlと決めています。

 

以前は

出汁入り味噌も溶かして飲んでいました。

 

最近は

梅干し入り白湯も飲みます。

 

 

④ホットタオル

 

ハンドタオルを濡らして

レンジで1分チンすると、

ホットタオルができます。

 

顔を拭いたり、目の周りを温めたり、

首元を温めたりすると、気持ちが良いです。

 

 

 

⑤深呼吸

 

呼吸は、何も使わずにすぐにできる対応策です🎵

深い呼吸を意識するだけで、

すぐに気分が変わるので、

 

私は気がついたときには深呼吸するように

気をつけています。

 

(普段の呼吸がすごく浅いのだと思います…)

 

 

 

⑥ネックウォーマー、レッグウォーマー、

アームウォーマー

f:id:ikenagayoshie:20200113131511j:image

私は外出のときも、眠るときも

ネックウォーマーやレッグウォーマー、

アームウォーマーをつけます。

 

袖や首から冷気が入ってこないので、

「寒い…」と思わずに自転車をこいだり、

眠ったりすることができますよ。

 

 

 

 

では。逆に子育てしていなかったら?

と考えると、

 

・ゆっくり音楽を聴きながらストレッチしたい

・雑誌を読みながらマッサージ機にかかりたい

・温泉か銭湯に行って長時間湯船に浸かりたい

・体が温まるようにゆっくり走ってみたい

・家の中でバランスボールで飛び跳ねたい

 

などが思い浮かびます。

 

この中で「走る」は

朝活でできるはずなので、

 

3分ランを復活させようかな…と

迷っています(^◇^;)

 

 

今できることと、できないことを

ハッキリ分ける。