シンプル子育てのリアル

「がんばってなくても大好きだよ」朝活で配信。小学校教諭13年間、リトミックや子育て講座のサークル赤ちゃん集会!代表、全国転勤族の妻。3児の母。ときどきメディアライター

藤原ひろのぶさんに聞いてみよう!お話会

ずっとFacebookで気になっていた

藤原ひろのぶさんの講演会に行くことが

できました。

 

託児は〆切っていたけれど、

親子席ならOKとのことで、

 

2歳児連れでも行くと決めて、

思い切って行けて本当に良かったです。

 

 

=============================

 

 

①地球を守ろうではない。

私たちの手で、自然をなんとかできると

考えることがとんでもないこと。

地球は、私たちがいなくなれば

自然に修復できる😅

f:id:ikenagayoshie:20191116055438j:image

 

②二項対立。相手を分断した瞬間に対立する。相手を一旦、受け入れる。話をよく聴く。

 

③お金は誰かの負債で成り立っている。大金持ちのところにどんどんお金が流れる。仕事はお金のためにするのではない。

f:id:ikenagayoshie:20191116055611j:image
f:id:ikenagayoshie:20191116055603j:image

④100人中99人がいいと言っても、

間違っているものは間違ってる。

 

「おかしい」と言えない世の中、

「仕方ないよね」に変わってしまう。

 

f:id:ikenagayoshie:20191116055605j:image

仕事の本質とは、

起きている社会問題を解決すること。

 

仕事は、消費やサービスではない。

 

 

Facebookページ「病気を治そう」の

病気 とは「無関心」のこと。

 

 

 

バングラディッシュの女の子は

自分もろくに食べてないのに、

ひろのぶさんに先に食事を差し出す。

 

お腹のすいた弟はすごい勢いで

食事を食べるけれど、

残り半分になると食べるのをやめ、

お兄さんの分をとっておく。

 

 

この国の私たちに足りないのは、

思いやり。

 

 

ひろのぶさんのご友人は、

東北で保養のボランティアをしている。

仲間も自費。

 

なぜ原発の社長が悠々自適に暮らしているの?

 

 

 

でも

人生はお金やモノを集めるのではなく、

いかに与えたものが大きいか。

 

 

================================

 

f:id:ikenagayoshie:20191116054430j:image

 

現在は、自費で完全なボランティアで、

毎日の通信を描いている私です。

 

 

LINE公式アカウントでは

毎月、配信料金5500円を支払います。

ペンのインクの消耗も激しいです😅

 

 

それでも、

お世話になった方々、親しい友人の顔を

思い浮かべながら、

 

「人の役に立ったら良いなあ😊✨」と

願って、描いています。

 

 

 

 

 

しかし、

もっと大きく考えなければならない

と気づかされました。

 

「社会の役に立つ」ためには、

どんなふうに描いていくと良いのだろう。

 

と考えさせられました。

 

 

今のままを変えたい と思わせてもらえる

とても良いきっかけとなりました。

 

 

 

 

視野を広げて描くために、

どんな行動をとると良いのだろう?

ずっと自問自答しています。