シンプル子育てのリアル

がんばってなくても大好きだよ

読み聞かせボランティア立候補のワケ

3年前まで教員をしていたときに、

朝の時間に

「読み聞かせボランティア」のお母さんたちが

来ていました。

 

 

教室で読み聞かせをしてくださるのです。

本当にありがたいことでした。

 

 

 

でも、お母さんたちが言うのです。

 

「子どもたちのため、というより、

自分のためにやってるんですよー💕

聴いてもらうのがうれしくて。」

 

 

 

…自分のために読んでる?

 

さて、一体どういう感じなのだろう??

 

 

という答えを知りたくて、

 

子どもが一年生になって

さっそく読み聞かせボランティアに

参加することにしました。

 

 

第一回の6月に参加。

 

私ははらぺこ青虫のカラオケ持参で、

歌いながらの読み聞かせ。

 

(私の中では定番)

 

 

 

 

読み始めて、すぐに気づきました。

 

f:id:ikenagayoshie:20190615073429j:image

 

 

「わかった‼️

 

教室の子どもたちがワクワクした瞳で、

一心に私を見てくれてる‼️

 

これはうれしい‼️💕」

 

 

と 10年後にわかりましたよ!

 

Hちゃんのお母さん!!😃!!

 

 

あの時も今も、ありがとうございました💕

 

 

 

教員時代に出会えた素敵な親子は、

 

私にとって今も大事な宝物として、

心に残ってます💕

 

(まだまだたくさんいます。すべてご紹介したいと思うくらいです。)

 

 

 

 

 

友だち追加